粉末・液体自動充填包装機 TCL/P-1000

TCL/P-1000

本機は液体・粉末のWパックを可能にした自動充填包装機です。 図柄合わせ光電制御またはエンドレス運転・製袋のピッチ変更・ノッチの深さ調整・カット位置の微調整やカット角度の微調整など、生産する製品スペックの違いによる、製袋条件オペレーティング機構を標準装備しています。 また、連続充填や間歇充填に対応した幅広いポンプの選択を可能にしています。 その他の付加機能は極力本体から省き、低コストを実現しました。

カタログ ダウンロード

標準仕様

充填物 粉末・顆粒と液体・粘体
包装形態 3方シール4方シール (シングル/ダブル)
包装能力 20〜70 袋/分
充填容量 0.3〜5 cc(粉末)、1〜100 cc(液体) 
  ※充填容量の計量範囲は「充填物の物性」と「供給装置」により異なります。
製袋寸法 最大110 mm
長さ 60〜200 mm
ロール段数 3
フィルム 最大220 mm
最大巻径 400 mm 以内
フィルム送り量 15 m /分 (MAX)
  ※実際の充填速度は、製品ピッチ・フィルムの素材・充填物の物性等により異なります。
使用電力 主モータ 2.0 KW(合計)
ヒータ 単相200 V  1KW×4本
合計消費電力 6.0 KW

(注意)
1.包装能力・充填容量・包装寸法は、オプションの選択により異なります。お問い合わせ下さい。
2.横シール幅により製袋寸法の長さ範囲が異なる場合があります。
3.実際の充填速度は、フィルムの材質・充填物の特性等により異なります。
4.充填容量の計量範囲については、「充填物の粘度」と「供給ポンプ」により決定されますので、ご相談下さい。
5.ポンプやオプション類の仕様により、合計消費電力が異なります。
6.写真は現物とは異なります。

 
  • EPACK イーパック
  • border=R一線カット
  • リーク試験機
  • メールへ